雲と大地とカマイタチ >

雲と大地とカマイタチ

「カクテル」について本を書くとしたら、どのようなことを書く?「騎士」の一般的な解説なんかだろうか。それとも、自分オリジナルの考え方からの見解だろうか。
写真

雹が降った木曜の晩に外へ

ベローチェでもロッテリアでもいろんな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、部屋でインスタントでも手軽だし、どこかで缶コーヒーでも。
私が気に入っているのがスタバだ。
全店ノースモーキングと言うのは、煙草の苦手な私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
金額もそれなりだが、質のいい豆が使用されているのでコーヒー通にはたまらないと思う。
甘党の人は入るたびにコーヒーと、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

具合悪そうに自転車をこぐ父さんと公園の噴水
娘がマルモダンスをまねしている。
教えてもいないのに、2歳だけど一生懸命踊っている。
テレビの中でマルモのメロディが聞こえると、録画映像を見たがって泣いている。
映像を見せると止まることなくずーっと見ている。
母親だから、テレビを見続けるより本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりしているのが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私たちの為でもある。

どしゃ降りの日曜の日没は歩いてみる

今日の夜は一家そろって外食なので、少年はとても楽しみにしていた。
何を注文しよう、と夜が待ち遠しくて、いろいろと考えていた。
パスタやオムライス、餃子や春巻き、なんてメニュー一覧にはどんな料理があるのかとても楽しみでもあった。
行くのは先日できたばっかりの和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは少年の隣で、女性誌を読んでいる。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、入り口を誰よりも先に開けた。

湿気の多い大安の晩にお菓子作り
個人のおおよそが水分という調査もあるので、水分摂取は人の基礎です。
水の補給を怠ることなく、みんなが活発で楽しい季節を過ごしたいですね。
輝く日差しの中より蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、いつもそんなに外出しないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策について敏感な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のケアは夏が過ぎた頃に出てくるといいますので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
そして、誰もが気を使っているのが水分補給に関してです。
当然、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期ばかりは例外かもしれません。
どうしてかというと、たくさん汗を出して、知らない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自身の具合も関係することでしょう。
ともすれば、自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の具合に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少しだけ出かける時も、小さなもので充分なので、水筒があればとても経済的です。
個人のおおよそが水分という調査もあるので、水分摂取は人の基礎です。
水の補給を怠ることなく、みんなが活発で楽しい季節を過ごしたいですね。

笑顔で踊る姉妹とよく冷えたビール

少年は真夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みが始まって2週間くらい経った夏のことだった。
暑さのあまり深く眠れなかったようだ。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、ちっとも涼しくない。

暑くて眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、野菜と肉を準備して、炒めたり煮込んだりした。
空が明るくなってきた頃、少年の家からは、美味しそうなカレーの香りがしていた。

天気の良い祝日の昼はお酒を
「とにかくこうで当然だ!」と、自身の価値観だけで周りを判断するのは悪い事ではない。
とは言っても、世間にはジェンダーと言われるものが人の周りにまとわりついてくる。
この事を知ると自信を手に入れるのは良いけれど、あまりにも反論するのはどうかな?と考える。
これ、一つの意見でしかないけれど。
暮らしにくい世になる可能性のあるかもしれない。

目を閉じて叫ぶ子供と冷めた夕飯

家の前でハンモックに寝転がり、心地よい風に身を浸していた、休日の夕暮れの事。
頭上にはゆったりと雲が流れていた。少年は、我が家のネコが「シャギャァッ!」と叫ぶ声に仰天して、ハンモックからドテッと落ちてしまった。
まじまじと見てみると、我が家の猫はヘビと対面し、歯をむき出して唸りながら威嚇していた。
蛇はそれほど大きくは無く、毒も持っていなさそうだったので、少年は小枝でつついて追っ払い、ネコを抱きかかえて再びハンモックに横になった。少年は、猫の背中を撫でながらお腹の上で寝かしつけ、気持ち良さそうに目を閉じるネコを眺めた。

笑顔で歌う兄弟と季節はずれの雪
晩酌などの酒のおともに、まあまあ体に良い物を!と思っている。
最近のおつまみはトマト。
その前は鯖。
そして、最近は、明太子だけれど、少々高めなので断念。
今日、新しいメニューを発見した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、ごま油で炒めて、みりんと塩を少々ふりかけて整えたもの。
かなり値段は低め、KCALも低い気がしませんか。

自信を持って口笛を吹く姉ちゃんと冷めた夕飯

実行させたら、仕上がるまでに時間がかかるものは、身の回りに多くみられる。
パッと思いつくのが、外国語だろうとみている。
と思っていたが、韓国語は例外で、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、その上に日本語にない音が少ないので、習得しやすいそうだ。
3年くらい韓国語を特訓していた友人の明日香は、今からのスタートでも確実に身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
そうと聞いたらいいなーと思ったけれど、独特な韓国語の文字は暗号にしか見れない。

騒がしく走る兄さんと草原
かなり昔、コンディションが悪い上に、偏った食事と、睡眠の質が良くなかったので、シミが多発した。
このままじゃヤダと考えて、生活リズムを改善することを誓い、健康に良い事をし続けようと情報収集をした。
すると勧められたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
今でもごくごくと飲んでいる。
レモンよりもビタミンがたっぷり含まれていると言う話だった。
健康的な体と美は何と言っても果物から出来上がるのかもしれない。

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 雲と大地とカマイタチ All rights reserved.
▲ページの先頭へ