雲と大地とカマイタチ >

雲と大地とカマイタチ

生きていく上で、「オレンジジュース」の意味合いって、なんなんだろう。どうでもいいと思うだろうか。「霧」は、アナタにとってどんな意味があるんだろう。
写真

陽気に熱弁する母さんと電子レンジ

太宰治の斜陽、大ファンの私は、三津浜の安田屋旅館に向かった。
連れとして太宰治をよく読む親友。
この安田屋旅館は、彼がこの本の章の一部を集中して書くために宿泊した港町にある旅館。
部屋を進むと、ギシギシと、聞こえる。
その、太宰治が宿泊した2階にある角部屋。
雪をかぶった富士山が半分、顔を出していた。
道路を渡ってすぐの海には生け簀が張ってあった。
この辺は来たかいが大いにある。

控え目に走る友達と履きつぶした靴
バースデープレゼントに親友から貰った香水は、強いフローラルの香りがする。
私に似合う瓶で、イメージしてチョイスしてくれた商品で、小さい瓶で飾りのリボンがお洒落。
雰囲気も香水瓶も大げさに言っても華やかとは言えない香りだ。
店には多くのボトルが並べられていたのだけど、ひっそりと置いてあった商品。
形は本当に小型。
持ち運びやすく重宝している。
外に出る時だけでなく、出張の時もバッグの中に、家で仕事をするときは机の隅に必ず置いている。
そのことから、私のカバンの中はどれもこの匂い。
だいたいいつでも身に着けているため、そうじゃないときは今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
店でいろいろ香りを試すのは好きだけど、この香りは今までで最も気に入ったものだ。

目を閉じて吠える兄弟と突風

そんなに、ドラマは見ないけれど、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから見ている。
加害者の両親と妹と被害者側の親兄弟が出会ってといったストーリーの流れで、通常はあるはずがないストーリーだと思う。
被害者側の両親と兄達と加害者側の親兄弟のどちらの家族も不幸にあっている内容がえがかれている。
話の内容は非常に暗いと思うけれど、しかし、ビジュアルはきれいな雰囲気につくられている。
花や自然の映像がとても多く、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がとっても多い。
このあと、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

息もつかさず口笛を吹く弟と冷めた夕飯
関心は全然なかったけれど、運動くらいわずかでも取り組まなくてはと今日この頃思う。
仕事内容が変わってから、此の程、体力仕事がめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪率がものすごく上がった。
あと、年も関係しているかもしれないけれど、おなかにぜい肉が増えてきて、非常にみっともない。
わずかでも、頑張らないと。

気分良くダンスする父さんと草原

何年か前の猛暑、ガンガン冷やした部屋の中で冷えた飲み物だけ摂取していた。
私はよく熱中症にかかっていたので、冷やすことが必要だと考えたから。
乾燥した部屋の中で、キャミソール、それに炭酸飲料にハーゲンダッツで涼しさを求めた。
なので、快適に過ごせたと思い込んでいた猛暑対策。
だけど、次の冬、前年度よりもかなり寒さを感じることが多かった。
外に出る仕事が増えたこともあるが、体が冷えすぎてほとんど部屋から出れないという状況。
なので、きっと、夏の水分摂取はその年の冬の冷え性対策にもつながると思う。
しっかり栄養を摂取し、均等な生活をすることが懸命だと思う。

曇っている平日の夕暮れに想い出に浸る
煙草は脳に悪い。
と言ったことは、分かっていても買ってしまうものらしい。
新入社員の頃、お客さんとして紹介されたIT企業の取締役の年配の方。
「私が丈夫なのはタバコとワインのおかげです!」とハキハキと言い切っていた。
こんなに聞かされるとストレスのたまる脱ニコチンは無しでもOKかもな〜と感じる。

暑い休日の夜にお酒を

夏休みで催し物がめっちゃたくさんで、このごろ、夜半にも人通り、車の通行がとても多い。
田舎の奥まった場所なので、通常は、夜間、人の通行も車の通行もめったにないが、花火大会や灯ろう流しなどが行われており、人通りや車の通行がめちゃめちゃ多い。
常日頃の静かな夜間が妨害されて割と耳障りなことが残念だが、いつもは、元気が少ない地方が活気があるように見えるのもまあいいのではないか。
近所は、街灯も存在しなくて、真っ暗なのだが、人通り、車の通行があって、活気があると陽気に思える。

息もつかさずお喋りする彼と紅葉の山
私は、中学生のころから高校まであまり学習をしてこなかった。
友人が一生懸命に勉強していても、自身は言われた通りの内容をなんとなくやるといった感じだったように思う。
しかし、短大に入学してから私の好きな分野の勉強に変わると、知識がするすると入ってくるようになった。
そして、働き始め、見習い期間を過ぎて実際の業務になると、次は頑張って勉強せざるを得なくなった。
やりたくないなんて思う間もなく、どうしても知識を取り入れる数年が続いた。
勉強続きの生活をしばらくすると、今度は高校時代にしなかった勉強をやり直したいと思うようになった。
現在では、同じことを感じている人が周囲にたくさんいる。

無我夢中で跳ねる友達と公園の噴水

江國香織の小説に出てくる主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することを肯定化する。
だけど、心底好きなのは別のたった一人。
そんな女の人たちが多々いるような気がします。
旦那意外との恋愛を陰だと置くと、旦那さまは陽。
ふと、別人が入ったように陰が襲ってくる。
旦那意外との恋愛に関する良い悪いは置いておいて、登場する主人公を見つめる。
私の中に新たな愛や見かたが現れることもありえる。

涼しい仏滅の夕暮れに座ったままで
なぜか縫物用の布は少しでも値段がする。
自分の子供が幼稚園にもう少しで行くので、袋が不可欠でありながら、どういうわけか生地が少しでも値段がした。
ことに、アニメのキャラクターものの縫物の為の生地なんて、めちゃめちゃ金額がいった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの縫物の為の生地がたいそう価格が高かった。
使う形のの本入れやボール入れを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、お手軽だけど、田舎なので、確認したら、みんな、手作りだし、近隣に販売していない。

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 雲と大地とカマイタチ All rights reserved.
▲ページの先頭へ