雲と大地とカマイタチ >

雲と大地とカマイタチ

「オムライス」のことが好きな人もいれば、嫌いな人もいると思う。無関心な人だって。あなたが感じる「ドラマ」って、どんな感じ?
写真

蒸し暑い火曜の夜は歩いてみる

カメラ自体、本当に大好きだけれど、それとは違って例外的と言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
2000円強くらいで単純なカメラがすぐ持てるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐに見れる。
現実味や、その瞬間を撮影するには、レフがお似合いだと思う。
けれど、その場の風情や季節らしさを収める時には、トイカメラには何にも歯が立たないと思う。

雨が降る土曜の晩は冷酒を
明日香は、高校を卒業してすぐ仲良くなった親友だ。
明日香ちゃんの長所は、可愛くて、細かい事は気にもしていないところ。
私が親しくなりたいと話かけたそうだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
遊びに行くと、悩みなんかもシンプルになるので、凄くほっとする。
細身で華奢なのに、深夜にハンバーガーを注文しに行ったりするという。

夢中で跳ねるあなたと俺

冷え性になってからは、若干過酷だけれど、何と言っても寒い季節がマストだ。
部屋の空気が乾いているからか、引き締まったような匂い、その上ヒーターの温かさ。
冬の陽の光って贅沢な気になれるし、一眼レフを持っていく、冬の朝の海もかっこいい。
この場合は、良いカメラもいいけれど、トイカメで思う存分連写するのがそこそこ良い感じの一枚が手に入る。

風の無い木曜の深夜は熱燗を
服屋さんって絶対勤まらないと思うのは自分だけだろうか。
出勤の度に、職業柄しっかりファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で働くときはスーツを着ればOKだし、メイクもしてれば良いとされている。
お出かけの時は、自分で納得する服装を選べばいいし、自宅で働くときはワンピース一枚で大丈夫。
なので、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
服を買おうとしていると、店員さんがやってきて、服の説明やコーディネイトを教えてくれる。
何故かそれに緊張してしまい、買わないで逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う事の大きな理由の一つだ。

騒がしく自転車をこぐあの人とあられ雲

笑顔って綺麗だなーと思っているので、なるべく笑顔でいるように心がけている。
一応、場所と状況と考えて。
けれど、周りに強引に押し付けては良いとは言えない。
要は、一概には言えないが、個人的な概念として。
会社にいる時は真顔で必死で働いていた人が、笑った瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわある人がタイプ!と話していた友達。
その気持ちも納得できるかもしれない。

気分良く歌う彼と霧
アンパンマンは、小さな子に気に入られる番組なのにとても暴力的だと見える。
内容の終わりは、アンパンチといって殴って終わりにすることがすごく多い。
小さな子にもすごく悪影響だと私には思える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、そんなにいじわるをしていない内容の時でもぶん殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を目撃したら、やめろと怒鳴りながらすぐに殴りかかっている。
話を聞かない。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って終わりにするからいつになっても改善されず、毎回同じ内容だ。
たぶん原作は違うのだろうけど、アニメ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

曇っている週末の夜はこっそりと

近所の人が最近チヌ釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、あまりかからなかったらしい。
ザコがそこらじゅういて、チヌ釣りがしにくかったらしい。
だけれども、しかし大物のの50cmサイズがあげれたらしいから、いいなと思う。
どんだけ前かいただいて初めて食したが非常に好みだった。
そんなのが釣れたと話を聞いたら興奮して早く行きたくなるが、すぐには行けないので今度だ。

月が見える休日の日没にシャワーを
友人の彼氏であるSさんの働く物産会社で、毎回紀州産の梅を使用した梅干しを購入している。
お酒が入ると電話をかけてくるSさんが可愛がっている後輩でアルEくんという男性は、なぜか話がかみ合わない。
ノンアルの時のE君は、非常に人見知りが激しいようで、そういっぱい返答してくれない。
そんな感じで、私自身、Eくんとは満足いくくらい会話をしたことがない。

悲しそうにダンスする友達と私

前にかなり肥満だった時に、毎日欠かさなかったのがシュガートーストだ。
その上、夕食の後に2枚くらい食べた時期もあった。
さらに同じ時期に、フライドポテトにはまってしまい、肥満の世界へ直行だったあの頃の私。
トライした痩せる方法が変わったものばかりだ。
例えば、2週間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープのみの食事だ。
職場にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、枝豆を夕食に置き換えるというダイエット。
さすがに、現在では無理。
その後、2年ほどで食事を変えると、気付いたら元の体型に。
とにかくコツコツとやるのが一番。

天気の良い祝日の午後に焼酎を
よく遊ぶちかこは頭がキレる。
頭が良いなーと感じる。
絶対人を否定したりはしない。
ん?と思っても、まずはその人の気持ちを重視する。
だから、許容範囲が広がるし、我慢強くなるのだ。
意見を主張し通すよりも、この方が彼女にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、経験を糧にする方法をよく分かっている。

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 雲と大地とカマイタチ All rights reserved.
▲ページの先頭へ